宇都宮屋台横丁
宇都宮屋台横丁
宇都宮屋台横丁
天ぷら 旬造

旬造

赤ちょうちん 一本松

一本松

台湾小調 酔愛菜

酔愛菜

あじさい

あじさい

皿すし 福

やのめ

やのめ

火あぶり

火あぶり

いりもや

いりもや

カブト揚げ よ~いどんっ!

よ~いどんっ!

しんちゃん

NEW!

しんちゃん

笑箱

笑箱

ふたあら

ふたあら

あたしッ亭

あたしッ亭

十五(じゅうご)

十五(じゅうご)

知日流(ちひる)

知日流(ちひる)

おだいどころ 華乃庄

華乃庄

やき鳥 蒼

文字屋

文字屋

咲来楽(さくら)

NEW!

咲来楽(さくら)

かぐやひめ

かぐやひめ

いっぴん

いっぴん

クラッチ

クラッチ

七輪

七輪

 
自然豊かな那須の湧き水と契約栽培の栃木県産米を使用し、専用のタンクで丹念に造られた、屋台横丁限定のお酒ができました。

 

横丁トピックス

横丁トピックス バックナンバー

2018年以降 | 2017年 | 2016年 | 2015年 | 2014年 | 2013年 | 2012年 | 2011年 | 2010年
2009年以前の記事

「16年間ありがとう!最後の桜鑑賞会」緊急企画開催

2020年3月30日NEW!

「16年間ありがとう!最後の桜鑑賞会」緊急企画開催

2020年3月27日(金)、宇都宮屋台横丁とともに歩んできた桜の最後の鑑賞会を開催しました!

 

開業から16年、宇都宮屋台横丁を見守ってきた桜は、宇都宮中心市街地の目的とともにしっかり根付き、成長してきました。しかし、成長とともに木の根は大谷石の石畳を痛めてしまい、通路を行き交う方々の転倒の危険性が出てきてしまいました。

 

お客様からもぜひ残してほしいとの声をいただきながら、どうにか桜を残せないか模索しましたが、やはり危険性を考慮し、断腸の思いで2020年6月のリニューアル工事を機に桜の撤去を決断したのです。

 

当日は、満開の桜の下、皆しめやかに名残を惜しみ、最後の桜の余韻を味わいました。

16年間、宇都宮屋台横丁を見守り続けてくれてありがとう!

「16年間ありがとう!最後の桜鑑賞会」緊急企画

■開催日:2020年3月27日(金)

■時 間:20:00~

■内 容:2020年6月に撤去が決定した満開に咲く桜を、お客様とともに鑑賞しました

新型コロナウイルス感染症の早期収束を願って!「とちぎには黄ぶながある!」緊急企画開催

2020年3月16日NEW!

「とちぎには黄ぶながある!」緊急企画

2020年3月14日(土)、新型コロナウイルス感染症の早期収束を願って、宇都宮屋台横丁にいらっしゃるお客様に、無病息災のご利益がある「黄ぶな」グッズをプレゼントしました!

 

 

宇都宮の「黄ぶな伝説」とは

宇都宮に古くから伝わる「黄ぶな伝説」。昔、宇都宮のある村で天然痘が大流行しました。ある日、村人の一人が田川で釣った黄色のふなを病人に食べさせたところ、病気が跡形もなく治ったといいます。後に村人たちはこのことに感謝し、病気除けとして「黄ぶな」の形をしたものを、毎年神様にお供えするようになったのです。

 

宇都宮中心市街地活性化を目指して立ち上がった宇都宮屋台横丁では、新型コロナウイルスによる社会不安と、自粛せざるを得ない経済に大きな危機感を感じ、誰もが前向きに、そして笑顔になれる企画を皆さまと一緒に取り組んでいきたいと考えます。今後ともよろしくお願い申し上げます!

「とちぎには黄ぶながある!」緊急企画

■開催日:2020年3月14日(土)

■時 間:20:00~

■内 容:宇都宮屋台横丁いらっしゃるお客様に「黄ぶな」グッズをプレゼント

第13回 チャリティ鍋の収益金を宇都宮市民活動助成基金へ寄付、皆さまのお気持ちも一緒にお届けしました!

2020年2月25日NEW!

チャリティ鍋の収益金を宇都宮市民活動助成基金へ寄付

2020年2月21日(金)、1月31日に開催された「第13回 チャリティ鍋企画」の収益金を、村長・助役が佐藤栄一宇都宮市長へ届けました。宇都宮屋台横丁では、毎年「チャリティ鍋企画」を開催、皆さまから頂いた大切なお金を「宇都宮市民活動助成基金」に寄付しています。

今年で寄付は13回目を迎え、今回は 130,000円 を寄付しました。
これまでの寄付金の累計は 1,900,000円 にのぼっています。

宇都宮の活性化が実を結び始めている今こそ、人と人とがもっと繋がり合う「絆」が大事!
中心市街地はもちろん宇都宮全体の活性化を旗印に立ち上がった宇都宮屋台横丁と「志」を同じくする仲間のため、さらなる宇都宮の発展のために役立てていただきたいと思います。

 

■写真左 宇都宮市長より感謝状を授与されました

■写真右 宇都宮屋台横丁のこれまでと、今後の宇都宮の発展について市長と深く話し合いました

宇都宮市民活動助成基金とは(マッチングギフト方式)

「市民主体のまちづくり」の大きな原動力となる、市民による自主的で公益的な活動を行っている団体に対して、助成金を交付するために設立されました。

寄付金額と同額を宇都宮市が支出し、市民と市が協働で育てていく基金です。

宇都宮屋台横丁で「大人の節分」。第4回恵方呑み企画を開催!

2020年2月4日

「恵方呑み企画」を開催しました!

2020年2月1日(土)、栃木県の酒造組合、卸売酒販組合、小売酒販組合連合会、サッポロビール、宇都宮屋台横丁の共同イベント企画「第4回 恵方呑み企画」を開催しました!

 

「恵方呑み」とは、大人のイベントをテーマに、当日ご来店頂いたお客様に福豆と宇都宮屋台横丁オリジナルの日本酒「大那あかまる」を(おちょこ1杯分)無料サービス!思い思いの願い事を胸のうちに唱えながら、恵方(今年は西南西)に向かって厳かに乾杯をして頂くイベントです。

 

夜8時、お客様と各屋台店主、関係者が中央広場に続々と集まり、おちょこを片手に福豆を一粒食べ、西南西に向かって一斉に乾杯!!

星空の下、皆の乾杯の音頭が響き、宇都宮屋台横丁全体があたたかな雰囲気に包まれました。

伝統と新しさが融合した恵方呑み企画も第4回を迎え、すでに宇都宮屋台横丁の恒例イベントとして定着しました!皆さま次回の開催にぜひご期待くださいませ!

第4回 恵方呑み企画

■開催日:2020年2月1日(土)

■時 間:20:00~

※お酒の苦手な方や未成年のお客様は、お茶とジュースで乾杯をして頂きました

毎年恒例!第13回チャリティ鍋企画を開催しました!

2020年2月3日

毎年恒例!チャリティ鍋企画を開催しました!

2020年1月31日(金)、宇都宮屋台横丁の恒例イベント「第13回チャリティ鍋企画」を開催しました。

今年も各屋台店主がまごころを込めて作った6種類のあたたか〜い鍋をご用意。

近年の宇都宮中心市街地の盛り上がりもあり、いつにも増しての盛況ぶり!

たくさんのお客様に食べてご支援を頂いたおかげで、どの鍋もあっという間の完売でした。

売上金は、のちほど宇都宮市長宛て 市民活動助成基金へ寄附いたします。

皆さまのご協力に感謝申し上げます!

■第13回 チャリティ鍋企画

■開催日:2020年1月31日(金)
■時 間:19:00~なくなり次第終了
■料 金:1杯100円から
■内 容:下記順番ごとに中央広場でおいしい鍋をご提供

① <豚汁風粕鍋>… かぐや姫・知日流・華乃庄・いっぴん
② <肉だんごコンソメ鍋>… あたしッ亭・十五・咲来楽・火あぶり
③ <ちたけすいとん鍋>… 福・あじさい・やのめ
④ <とりキムチ鍋>… いりもや・よ〜いどんっ・しんちゃん・笑箱
⑤ <きのこ鍋>… 旬造・一本松・ふたあら・酔愛菜
⑥ <豆乳鍋>… 七輪・文字屋・蒼・クラッチ

フジテレビ「ぶらぶらサタデー タカトシ温水の路線バスで!」の撮影が宇都宮屋台横丁で行われました

2019年5月27日

フジテレビ「ぶらぶらサタデー タカトシ温水の路線バスで!」の撮影が宇都宮屋台横丁で行われました

2019年4月23日(火)、宇都宮屋台横丁でフジテレビ「ぶらぶらサタデー タカトシ温水の路線バスで!」の撮影が宇都宮屋台横丁で行われました。

 

土曜のお昼に家族そろって楽しく観られる「ぶらり旅番組」がテーマの当番組。5月25日(土)放送の舞台は日光から宇都宮!タカアンドトシさんと温水洋一さん、そしてゲストの橋本マナミさんが、町の隠れた穴場や素敵な観光スポットを路線バスを乗り継いで旅します。

 

当日は、日光からのぶらり旅の終点として、宇都宮屋台横丁「海鮮焼・カンカン焼 十五」で美味しい牡蠣料理をいただくシーンを撮影。お酒を飲みながら、芸人さんならではのやりとりが飛び出す、終始笑顔に溢れる撮影現場でした。

宇都宮屋台横丁のほかにもたくさんの県内スポットが登場!ぜひご覧ください

フジテレビ「ぶらぶらサタデー タカトシ温水の路線バスで!」

毎週土曜 12:00 放送

2019年5月25日(土)の放送内容は【旬の穴場!日光~宇都宮】です。

●「ぶらぶらサタデー」公式ホームページはこちら

「祝!令和!」日の丸で祝う!

2019年5月8日

「祝!令和!」日の丸で祝う!

平成最後の4月30日(火)23:50、
お集まりいただいたお客様と一緒に「令和」のスタートをお祝いしました。

 

4月30日から5月1日にかけては、平成天皇の退位、上皇即位・新天皇陛下即位という、日本国民としておめでたい行事。

昔から国民の休日は「旗日」として各家庭の玄関先に日の丸の国旗を掲揚したものです。
当日は、お客様に日の丸日章旗をお配りし、日の丸を振りながら元気にお祝い!

新しい「令和」の時代が 令(うるわ)しく、和やかな時代でありますように
平和で 災害の少ない 皆が幸せになれるような時代でありますように

願いを込めて皆でお祝いしました!

■写真:国旗を手に、お客様と店主がひとつになって「令和」のスタートを全員で乾杯!

横丁トピックス バックナンバー

2018年以降 | 2017年 | 2016年 | 2015年 | 2014年 | 2013年 | 2012年 | 2011年 | 2010年
2009年以前の記事